ゴールドコーストもロックダウン


新型コロナ感染者が数人出ただけですが、オーストラリアは現状ではゼロコロナを目指しているようで、厳しい制限が課せられます。


経済活動にも大きな影響がでます。

特に今はスクールホリデーなので、多くの方が旅行などを予定していたと思うので、ホスピタリティ業界には大打撃です。


個人的にはゼロコロナを目指すのではなく、ある程度許容する方針(日本やシンガポールなど)に切り替えてもらいたいと思っています。でないと数人感染者がでるとロックダウンの繰り返しとなってしまいます。


ワクチン接種も他の先進諸国に比べ、遅れているのが実情です。


まずはこの3日間で感染を抑え込まれることを願います!



サッカー留学無料個別相談の詳細はこちら

*******************

AUSフットボールサポート

オーストラリアサッカー留学ならお任せ!

Tel: 050-5532-6810(日本)

Tel:+61-7-5679-5983(AUS)

WEB: www.aus-football.com

Email: aus-football@tmrglobal.jp

*******************

最新記事

すべて表示

リーグ最終戦&来年の見通し

新型コロナ感染者の市中感染が、ここのところゼロが続いているゴールドコーストは、室内でのマスク着用などの規制はあるものの、基本自由に生活しています。 ゴールドコーストサッカーリーグも先週に最終節が行われました。 弊社選手が所属するチームは残念ながらトップ4に残ることができず、グランドファイナル(リーグ戦トップ4チームで行われる最終決戦)に行くことができませんでした。 このコロナ環境の中、日本に戻らず

ファイザーワクチン1回目の接種完了

シドニーやメルボルンでは、デルタ株が徐々に広まっており、1日に数十〜100人程度の感染者がでています。その影響でロックダウンが行われており、不便な生活が続いています。 ゴールドコーストはロックダウンはされていないので平穏ですが、施設内でのマスク着用は行われています。 そんな中、先日ファイザーワクチンの接種1回目終えまして、来週27日に2回目の接種予定です。オーストラリアはいままで感染者をコントロー