サッカー留学 Q&A

Q.オーストラリアのサッカースタイルは?

オーストラリアは歴史上、イギリスの流れを強く汲んでいることもあり、サッカースタイルはイングランドプレミアリーグのスタイルと良く似ています。10年ほど前はフィジカルの強さ、スピード、パワーが求められ、戦術の完成度は低かったのですが、近年Aリーグがスタートした影響や下部組織の教育レベルも上がってきたことにより、戦術&技術面でも大きく進歩しました。


ただし、現時点ではまだまだ戦術理解度や技術において、日本人が圧倒的に優位にたっており、オーストラリアでは日本人のスタイルが非常に活かしやすいリーグであるといえます。はじめて海外リーグでプレーする選手にとってはオーストラリアのフィジカルの強いスタイルは驚くことでしょう。しかしながら、その日本にはない環境でプレーすることにより、メンタル面も含め、新たな強さを身につけられること間違いなしです。


Q.オーストラリアでのサッカー環境は整備されていますか?

グラウンドはプロアマ問わず、すべて天然芝です。状態の善し悪しはもちろんありますが、基本的にとってもプレーしやすいですね!日本では、土のグラウンドでサッカーをすることがあるとオーストラリア人に教えると、少々驚かれます。


Q.選手の一般的な生活スタイルは?

セミプロの場合、個々の契約のケースによりますが、給料は週に10,000円〜30,000円程度なので、選手は仕事をしながら、若い選手は学校に通いながらプレーしていることが一般的です。練習は週に2、3回程度(夜)、週末試合のサイクルとなっています。

ワーキングホリデーで来豪し、サッカー留学を行った場合の年間スケジュール例は下記のようになります。


Q.どのようなサポートが受けられますか?またサポート料金を教えてください。

サポートについてはこちらをご覧ください。

Q.セミプロレベル以外でもサッカー留学にチャレンジできますか?

もちろんです。カテゴリーは細かくわかれているので、自身にあったレベルで、英語の勉強や文化に触れながら、サッカーを楽しむことが出来ます。


Q.英語力に不安がありますが、大丈夫でしょうか?

英語力が低くても、チームに所属することはできます。ただし、チームメートとコミュニケーションをとることは、環境になじんでいくためにも、とても大切ですので、最低限の英語を勉強することは必要です。

オーストラリア人の気質はとてもフレンドリーですので、英語があまりできなくても、チームにとけ込もうとする、英語を学ぶ努力をすれば、必ずチームメートは受け入れてくれます。


Q.長期間プレーしたいのですが、どうすればよいですか?

ワーキングホリデービザでは基本1年、条件次第では2年の滞在が可能です。 また、学生ビザにて滞在することも可能です。学生ビザは修学期間にあわせてビザが発行されるので、専門学校、大学に通いながらプレーする場合は、数年間プレーすることもできます。ワーキングホリデービザの後に学生ビザを取得して滞在期間を延長する場合もよくあるケースです。

その他の選択肢として、ビジネスビザや永住権を取得し、プレーすることも考えられます。



*******************

AUSフットボールサポート

オーストラリアサッカー留学ならお任せ!

Tel: 050-5532-6810(日本)

Tel:+61-7-5679-5983(AUS)

WEB: www.aus-football.com

Email: aus-football@tmrglobal.jp

*******************

最新記事

すべて表示

リーグ最終戦&来年の見通し

新型コロナ感染者の市中感染が、ここのところゼロが続いているゴールドコーストは、室内でのマスク着用などの規制はあるものの、基本自由に生活しています。 ゴールドコーストサッカーリーグも先週に最終節が行われました。 弊社選手が所属するチームは残念ながらトップ4に残ることができず、グランドファイナル(リーグ戦トップ4チームで行われる最終決戦)に行くことができませんでした。 このコロナ環境の中、日本に戻らず

ファイザーワクチン1回目の接種完了

シドニーやメルボルンでは、デルタ株が徐々に広まっており、1日に数十〜100人程度の感染者がでています。その影響でロックダウンが行われており、不便な生活が続いています。 ゴールドコーストはロックダウンはされていないので平穏ですが、施設内でのマスク着用は行われています。 そんな中、先日ファイザーワクチンの接種1回目終えまして、来週27日に2回目の接種予定です。オーストラリアはいままで感染者をコントロー