オーストラリアサッカー用語4

今までに紹介したオーストラリアサッカー用語は、


「Men On」

「(自分の名前)'s Ball」

「Take Him On」


でしたね。


今回は、ゴロのパスが欲しい時に使うフレーズです。


例えば、ロングボールが多くなっているときに、もっとポセッションを重視してボールを回そうというような時は、


「Let's play on the ground and keep our possessions」

(しっかりパスをつないでボールをキープしよう)


といったところですね。


または、自分の足元にゴロでパスがほしいときには、


「Play me on the ground」でオッケーです!


オーストラリアサッカーは結構フィジカル重視なところもありますので、体がオーストラリア人に比べればそれほど大きくない日本人の場合は、空中戦が多くならないように、ゴロでボールを供給してもらうように、しっかり味方に指示することは大切ですね!



お知らせ

9月開催:オーストラリアサッカー留学・無料個別説明会

詳細はこちら



オーストラリアサッカー留学

*******************

AUSフットボールサポート

オーストラリアサッカー留学ならお任せ!

Tel: 050-5532-6810(日本)

Tel:+61-7-5679-5983(AUS)

WEB: www.aus-football.com

Email: aus-football@tmrglobal.jp

*******************

最新記事

すべて表示

リーグ最終戦&来年の見通し

新型コロナ感染者の市中感染が、ここのところゼロが続いているゴールドコーストは、室内でのマスク着用などの規制はあるものの、基本自由に生活しています。 ゴールドコーストサッカーリーグも先週に最終節が行われました。 弊社選手が所属するチームは残念ながらトップ4に残ることができず、グランドファイナル(リーグ戦トップ4チームで行われる最終決戦)に行くことができませんでした。 このコロナ環境の中、日本に戻らず

ファイザーワクチン1回目の接種完了

シドニーやメルボルンでは、デルタ株が徐々に広まっており、1日に数十〜100人程度の感染者がでています。その影響でロックダウンが行われており、不便な生活が続いています。 ゴールドコーストはロックダウンはされていないので平穏ですが、施設内でのマスク着用は行われています。 そんな中、先日ファイザーワクチンの接種1回目終えまして、来週27日に2回目の接種予定です。オーストラリアはいままで感染者をコントロー